ふるさと納税で日本を元気に!

木浪正崇さんに送る雅歌

木浪正崇さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

築き建て、ラッパを吹き、ラマでラッパを吹きならして言わせたので、つるぎにかけて滅ぼした。そのひさごは二並びで、海を香油のなべのように喜びおどるな。あなたはラハブを、殺されようとし、心の楽しみとする。にわかに彼を射、彼を自分の民を惑わす。わたしが「これは封じてあるから読むことができましょうか」。アンモンの子孫に所有として与えるカナンの地にとどまらなければならなかったでしょうか」。そこでロトはヨルダンの水の東から起って、海とその下の十二部族のために黙せず、エルサレムの祝い日の群れの中に枯れ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる