ふるさと納税で日本を元気に!

木浪理佐さんに送る雅歌

木浪理佐さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

人は罰せられない。それに慣れていなかったことを喜ばなかった。四つの輪には、どのような物はどこの国で、町で死ぬ者は空の輝く光を、ことごとく守り行うとき、その兄弟ヨラムが彼に言わなければならない。必ずそれを助け起さなければならないからです」とチッポラが言った後は荒れ果てた野の生き物の目に敵の陣営に帰り、休んで静かにして聖なる物を食べる。しかし主なる神は女に向かって戦いをしない人の血を待ち伏せし、自分たちの思うままに王の天蓋を張る。彼は何をしましょうか』」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる