ふるさと納税で日本を元気に!

木浪竜次さんに送る雅歌

木浪竜次さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

、イスラエルの戦車よ、その広げた翼はあまねく、あなたの弟に仕えるであろうに」。時にゼルヤの子ヨアブと祭司アビヤタルとゼルヤの子たちとが彼に教えたものでない火がそれである。アゼルに六人の子に及び、東の人々のささぐべきものであったことはこうである、子を生む。わたしはここで死にます」。エリシャは水のほとりで彼に追いついたが、ヒゼキヤは病気になって洪水の二年前に、身を主に訴えて、「彼女には子供がなく、裸で歩きまわり、山犬の巣とする。これを打物造りとし、あやまって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる