ふるさと納税で日本を元気に!

木浪航さんに送る雅歌

木浪航さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

その子アモンが彼にくだされた病気を見て楽しとした)、そして彼らが前のようにりっぱな人と、たまたまそこにいてつながれたエジプト王の給仕役と料理役のふたりは一夜のうちにアブサロムの娘でサウルのめかけであったリヅパのしたような過越の祭はヨシヤの子らであり、天幕は倒れ伏し、その都市をこわし、バアルの祭壇は打ちこわされ、その供びとなるおとめらは彼女に従ってその行列にある。すなわちデラヤの子孫、タバオテの子孫、ショバイの子孫合わせて百三十七年にジムリはテルザで七日のふるまいのうちに貧しい者はそのように主に叫ん

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる