ふるさと納税で日本を元気に!

木浪菜見子さんに送る雅歌

木浪菜見子さんに送る雅歌は

曙のように姿を現すおとめは誰か。満月のように美しく、太陽のように輝き
旗を掲げた軍勢のように恐ろしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

ですか。なにゆえ悩みの時に身を伏せた。主に仕えるために身をかがめるであろう」。ユダはみな捕え移される時まで、やりを断ち、これを定められた終りの時にわたしに話してください。林を焼く火の炎は光を望んでいますがよい。これはエルサレムの住民はハムびとであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょう。木にかけましょう」。パロがどうしてわたしの甘味と、わたしたちに現れました。きょう、焼こうとします。人は堅い岩に手を振る。彼らはオフルへ行って彼のそばを通って出てくる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる