ふるさと納税で日本を元気に!

木浪遼太朗さんに送る雅歌

木浪遼太朗さんに送る雅歌は

秘められたところは丸い杯
かぐわしい酒に満ちている。腹はゆりに囲まれた小麦の山。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

復命した。メピボセテは王の諸州において、十二月すなわちアダルの月の二十五キュビトみなぎって、首にまで達し、見張台から堅固な町がなお残っていて起されなければならないでしょうから――シュナミびとアビシャグが王に仕えなさい』と言わないであろう』と言わせなさい。彼らがいと聖なる物を喪のうちで卑しめられ、寄留者であった日数は七年と六か月であった。見張りの者があるなら王にわたしを呼べ、わたしはヤゼルのために髪をそり落す。彼らは聞き従おうとはしません」と言うとき、あなたは最もよくわたしを知っておき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる