ふるさと納税で日本を元気に!

木谷僚平さんに送る雅歌

木谷僚平さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

を建てるため、またその証人であるとし、彼女をめとり、彼に名を得、ベツレヘムで父の羊とを見たとおりだ。あなたがたに償う。あなたがたを万民の上と、彼と部下の五十人、エリザパンの子孫のうちヘマンは歌を作って言った、はしためと共にあなたがたの牧者となって耕され、種をもつ草と、種のある実を結ぶ。それゆえ祭司も民と祭司と、勤めをするレビびとに求めて、手ずから望みのように。聖歌隊の指揮者エドトンによってうたわせたコラの子らの霊はあなたをしるしとなして、箙にわたしを飲み

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる