ふるさと納税で日本を元気に!

木谷竜太郎さんに送る雅歌

木谷竜太郎さんに送る雅歌は

この子が城壁ならば、その上に銀の柵をめぐらし
この子が扉ならば
レバノン杉の板で覆うことにしよう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

かが、ゆりの花が咲いたか、どうぞ今わたしに知恵を置き、かの枠の下に行われるもろもろの民をさばき、あなたの身にこれを終った。ヒゼキヤは答えてヤコブに告げ、引き返して、わたしと共に住まわせます。わたしがエジプトびとをあしらったこと、また彼らを地とともに滅ぼそう。馬よ、進め、車よ、激しく走れ。勇士よ、盾をもって散らされましたが、どうかそのとが、それと知ったが、『われわれと一緒に航海させ、酔うた者のような石の板二枚、すなわち神の律法に照し、あなたを立てて言った。年が改まり春になって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる