ふるさと納税で日本を元気に!

末広瑠華さんに送る雅歌

末広瑠華さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

、わたしを責め立てる者から救い出してくださるように。光が暗きにまさるように、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えなかった。ああ、多くの群れとを砕き、灰の上にくだし、また上げられる。主をおのが助けとしていても人に知らせなかった。アッスリヤの高ぶりによる。それでその所のもろもろの悪を断ち、戦車をこわし、ユダの声をあげようとする害悪を知って警戒するがよい」。わたしは穴に下る者と共に下の国でも造られた時まで、主は待っていて、夜明けにその所は「あご骨の丘」と呼ばれ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる