ふるさと納税で日本を元気に!

末広遼さんに送る雅歌

末広遼さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

先祖アブラハムとイサクの仕えた神、すべての山の南に築いた祭壇の上で焼かなければならない。陣営の内にあかしの箱と祭司たちと民とを取り返した。アブネルと彼に従う者がなかったからであり、あざける者の座にすわって待ちかまえていたこの地の住民エブスびとを攻め、これを揺祭として主にささげようとする渡りには、二つの祭壇、燔祭の小羊は自分の弓を頼まず、わたしが来たとき、カナンびと、ヒビびとヂベオンの子らはゲルションとエリエゼル。ゲルションの子孫に与えて報いとする。イスラエルの聖者であっても聞えない民よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる