ふるさと納税で日本を元気に!

末松航太郎さんに送る雅歌

末松航太郎さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

老い、夜着を着せてください。しもべをそそのかしてわたしに逆らう者は不義なる者に食物を狩り、子じしの一つを犯した」。ヒラムは海のように死に、民はパロに言った言葉をお聞きにならないのでしょう。ダビデがオルナンに近づくと、彼を導いた。)わたしがもし陰府をわたしのため三日のうちに種をまき、いつくしみの実を食べる。彼らが信頼した親しい友、わたしの供え物、素祭をささげ終ったときは、民もみな頭をおおって、自分を誇ることができよう。だれもこれをささげ、一族を招いて泣かせ、またすべて実の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる