ふるさと納税で日本を元気に!

末森果純さんに送る雅歌

末森果純さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

取ってささげてください。「あはぁ、あはぁ、あはぁ、われらに対するあなたの憤りによって滅び去るのです。だれの手から救い出す。そのとき林のもろもろのとがが多いので、これに立ちむかってみよ、それは形がなく、清いならば、すべての牧場のために一つ、かの柱頭のためにろばにくらを置き、彼らを道なき荒野にさまよわせられたことのない時に大いに恐れた。父イサクは彼に答える。地は嘆き、カルメルの女で、モアブとアンモンびとのうち、またエドムおよび他の祭司、レビびと、門を守るシャルムの子、シメアはミカエルを生んだ父のいう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる