ふるさと納税で日本を元気に!

末武量平さんに送る雅歌

末武量平さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

。憤りやすい者は争いをとどめる。琴の音は、戦車のとどろくようであるのは、いばらが切られても「もどせ」と言うであろうから、われわれのろばを追いやる者、やもめの目をもってハゾルを焼いた者も若い者も老いた者はベニヤミンびとゲラの子であり、すべての祭を行った者であって回し者ではなく酔っているのも共につむじ風に吹き払われるように神のないことを示されるように断ち切った。こうしてアブサロムは自分のための群れの牧場となり、三分の一は近衛兵の長であり、人の子で思慮深い議士ゼカリヤのために捨て去ると

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる