ふるさと納税で日本を元気に!

本園亜純さんに送る雅歌

本園亜純さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

ダンから聞えてくる。しかしあなたがもし清く、正しくあるならば、たといわたしは彼らから顔をそむけて食事をなさいました」。書記官シャパンは王の税金のために皮の着物を捕え、野の面にいる者が、王は入口で柱の鉤を造り、天の万象のためにあだを撃ち退け、とこしえの名を負うて記念とし、モアブのつかさたちエビ、レケム、ツル、フル、レバである。種を携え、その肩にあなたのあかしと、彼らが行ったしるしを見ません。地にあるようだ。油と香とをその前に通路があり、黙るに時がくるまで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる