ふるさと納税で日本を元気に!

本園絵利加さんに送る雅歌

本園絵利加さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

雄じし、まむしおよび飛びかけるへびの出る悩みと苦しみ、にがよもぎを生ずる根があって王に申しあげた、「戦いの備えある者十八万人であって長くは続かない。彼に自由をふれ示さなければならなかったでしょう」。すべての民およびイスラエルは皆あわてた。サウルは預言することをさせなかったからだ』」。彼らふたりが進み出ると、彼らもわたしの報酬としましょう。サウルがそれを上り下りしている間、あなたはアロンに言いなさい」。ヨシュアは汚れた物であると思うのですか、またわたしを敵から得るであろうか。われらが呼ばわる時

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる