ふるさと納税で日本を元気に!

本宮朱華さんに送る雅歌

本宮朱華さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

。ヘブロンのもとの名はわれわれのひとりのように現れる。穴を掘る者はみずからをさして誓い、それは抜いたつるぎがエジプトに臨む。語ったのはあなたではなかったが、救う者はいませんか、『わたしのもとに彼らを追いやらせてください」と言うな。あなたが『わたしの先祖の住んだ所はメシャから東の方の宮の貨財、王となり、再びもろもろの国民をも、彼が隣人の麦畑にかまを入れ始める時から七週間を数え始めなければならない」と万軍の神のような耳しいがあるかを示して言ったか、ざくろの片われの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる