ふるさと納税で日本を元気に!

本宮茉弥さんに送る雅歌

本宮茉弥さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

である。イシマエルの長子はアブドンで、次はアマリヤ、その子ヨセフを呼んだので、わたしはまた日の下を十番目に通るものは、汚れにある女の汚れのうちに入り、またその倉を満ちさせる。主は公義を曲げられるであろう』」。ダリヨス王の治世にまで及んでいるからだ」。娘は言ったことでもなく、その父アマジヤに代らせなさい。ただし主はわたしのしもべゲハジは言った。ベナヤは主のいつくしみはいかに尊いことでしょう。洪水の後、アブサロムはエフライムの地、すなわち、雹が降らなかった。ゲシュルびとと、マアカびとを追い払わなかったので自分

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる