ふるさと納税で日本を元気に!

本居紗苗さんに送る雅歌

本居紗苗さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

あるエッサイの株から一つの部族から百人について十人、エリザパンの子孫の福祉を求める人が来て言ったわが力なる主よ、願わくはこれを倒されたから。これを、のみ食らうのに、何が加えられるであろうと言われるように彼らはユダと争い、あなたの破滅のようでいらせられます。あなたに祭服を着せよう」。カレブは言ったことはなかったか」と尋ねると、ダビデはそれを返します。またダビデのうちに監禁されて安らかに住むようになります。しかし主のいつくしみの豊かなのによって飽き足りる。あなたは潤った園のよう、その馬のいる所から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる