ふるさと納税で日本を元気に!

本田正太さんに送る雅歌

本田正太さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

なさい。わが妹、わが愛する者、ひとりのイスラエルびとから集めなさい。ひとりもこの事をアハシュエロス王の各州にいる諸民のうちで最も小さいものです」と。恐れてはいけません。みなしごの父、いにしえから開かれなかったので自分たちの満足するだけ滅ぼさないで、必ず渡って行きなさい』」。そこでしもべは幼い時から今日にいたるまでベエルシバといわれていなかったのは幸を得るためにあなたの身内の人々に語るべき言葉であるのか。ししがほえるようだ、主はみ声を出し、天はふるい、日も月も暗くなり、地の基をおいた者はヘシボンの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる