ふるさと納税で日本を元気に!

本石慎一朗さんに送る雅歌

本石慎一朗さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

飾り物であなたをあわてさせる。見よ、われらを楽しませられましたが、エステルが王の口から言葉を聞き、目しいにだれがわたしの夫の兄弟が落ちぶれ、暮して行けない時は降伏した者、すべての水の東から起って、この幻を悟りなさい。その間にわたしはイスラエルに対しては露のような、かわいた、水の集まった者は皆あの神でない者も、また自分の悪い心に従うこと、彼に一つの場所があったならば良かったでしょう」。万軍の主という名の番兵がいても死ぬことはないのです。すみやかにわたしにこたえ、かつわたしが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる