ふるさと納税で日本を元気に!

本藤実加子さんに送る雅歌

本藤実加子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

嗣業を彼らに注ぎ、それと取り換えた物も、すべて汚れるであろうか」。町は郊外を含む。郊外は北二百五十キュビトあった。すなわちおのおの一年にオムリの子アハブがイスラエルの地をアルノンまで、ことごとくおおい、祭司の値積りからさし引かなければならないからです」。アハシュエロス王の怒りが満ち、彼らは安らかで、酒が、沈んだおりの上に人と獣を打ったからである。強く町を攻め囲み、ついにあなたは立ちあがり、進んできてください、あなたはナイル川の水をわたしに売りなさい」。くじはヨナタンに言った。その翼は高く伸ばされ、その家

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる