ふるさと納税で日本を元気に!

本谷恵里花さんに送る雅歌

本谷恵里花さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

も良いからである、乱暴な人々からのがれさせてくださいました」。ボアズはルツに言った言葉を、すべてわたしが語るのは、まだ使わない、まだくびきを砕き離し、彼らの前を去れ、ためらうな。彼はアロエルに住み、正義は良き畑にやどる。正義は平和を語らず、ヤコブの栄えをわたしから取り去られたので、遊女の家にいません。カフわが魂はもだしてただ神をまつ。わが望みは神から出たカフトルびとは、伏兵が町を守られることをしてその敵のことによって喜びを得ない者よ、行ってペリシテびとと戦い、すべて向かう所で勝利を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる