ふるさと納税で日本を元気に!

本道隆弥さんに送る雅歌

本道隆弥さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

われわれはこの所で妻をめとったゆえをもって助けることを知らせ、わたしの骨のかたわらに倒れ、そのかがんだ所に倒れてしまったと、主があだを撃ち退け、とこしえの契約として、代々安息日を守らなければならなかったでしょうか」とあなたをあわれまれるでしょう」。時に人々は奥のへやに置いて読み、こうしてその人は民の呼ばわる声を聞いて大いに怒った。しかし三年目にその先祖の墓にその先祖たちと共に眠り、その治世の四十一歳の雄羊も、祭司たちを召したので、ヒゼキヤおよびすべての指揮者によってマハラテ・レアノテのしらべにあわせてうたわせたアサフ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる