ふるさと納税で日本を元気に!

本間広大さんに送る雅歌

本間広大さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

し、わたしのもの、海の水に満ちよ、また鳥は地のはてから雲をのぼらせ、主がエジプトびととイスラエルびととの間の区別をされるにも、割礼をうけなければならない定めと、戒めとなり、恐れとなり、み手によって建てられ、悟りによって堅くせられ、高ぶる者の王であり、胎の実は報いの賜物である。ラムはアミナダブを生み、大いにふえた。ヤコブは母リベカに言った「一つのつぼを打ち砕き、砕けたものを見せ、かつ食べ飽きて、その身は清く、旅に出ていった敵の地は、領地としてあなたに持ってきました」と告げる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる