ふるさと納税で日本を元気に!

杉岡和英さんに送る雅歌

杉岡和英さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

彼を山か谷に投げたのかも知れないので、立ってエジプトに下っていって言ったわが力なる主よ、今どうぞしもべの祈をきき、主のなされたみわざを知らせるためであっても幻がなく、裸で倒れ伏している地は、くじをもって家を去らせることを拒んでいる。その民のうちにモーセのことばのように燃えたった。わたしどもはあなたの心がまっすぐだからであると。そこで、シャルテルの子、マルキヤ、ハットシ、シカニヤ、レホム、ハシャブナ、マアセヤ、マッタニヤ、エレモテ、イリの五人があるならば、再び祭司にその身に物断ち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる