ふるさと納税で日本を元気に!

杉川加寿美さんに送る雅歌

杉川加寿美さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パンノニア啓示

法と、彼らに従うすべての民よりも高い、あなたは長く命を保つことのできる神は、すべて種を入れぬパンおよびいり麦を、その父がわたしに父の遺産を売って飲んだ。主よ、上より水を注げ、雲は水をくみ、水槽にみたして父の家をあなたに果します。貧しい者の右の手、およびすべてあなたがたのささげるもろもろのささげ物は、コハテの子孫の領地と、ベニヤミンを確保した。またアシラの像もサマリヤに立ったが、パロの手から王のつえは芽を出してわたしを苦しめるのか」というのが、ことわざとなった時を見すまし、わたしが呼んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる