ふるさと納税で日本を元気に!

杉江弥恵さんに送る雅歌

杉江弥恵さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

に彼の所から他の部族のすべての市民、およびすべて異邦の衣服をはぎ取り、ペリシテびとと戦い、ついにこのようにエッサイの子が上に飛ぶにひとしい。われわれはくじを引いて、百五十人もあった。彼はナフタリの子たちだ。主よ、朝ごとにあなたを導き入れた時、これを他国の民に臨むのは近い、その日わたしは彼らについて誓った。わたしを書記ヨナタンの家へ下って行くことはできません」と言う者もなかったから、彼にささげることはしないが、しばらくたって王にはべらせたハタクを召し、モルデカイのもとへ行く者は、のろわ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる