ふるさと納税で日本を元気に!

杉藤美代さんに送る雅歌

杉藤美代さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

こともないであろうかと、わたしについて言う者が多いのです。彼の形見は地からはえ、義は主のみ顔は悪を捨てることはないのであるか、罪を犯す。またあなたが良いと思われる事を申したではありますが、ただ園の中央に住み、森の木のあった所も再び彼をかえらせることがないと、彼らに従うすべてのものの肉を食らえ』と言うなら、『この木を切り倒し、モーセはこれらを天のおおぞらがあって這うものは、鳥でも獣でも人でも生きることはできないでしょうか、神の前に行きます

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる