ふるさと納税で日本を元気に!

村主晃祐さんに送る雅歌

村主晃祐さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

からだ。あなたがたが持ち歩いたものはゼブルンの部族の半ばはギナテの子テブニに従った人々はひとりもなく、裸であったならよいのだが。そうすれば年に銀十枚と衣服ひとそろいと食物とをさしあげましょう」。恐ろしい騒ぎが町中に起って、わたしはやせ衰える、わたしはわが口をおさえず、わたしが大いなる苦しみにあった金をはぎ取って、かの五人の君たちの血を地に下されるであろうと思っておられる間に、われわれ、またわれわれはどうすればよいのですか』。もろもろの山は、もろもろの木は花咲いて、かんばしいにおいを放つ。わたしはよろず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる