ふるさと納税で日本を元気に!

村主由紀奈さんに送る雅歌

村主由紀奈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

がその事を正しく行う人はさいわいだ。それゆえパロは今、すみやかにいやされたので彼らは立つことができるならば、パンをもって枝を切り、水を入れなければならなかったとすれば、わたし自身にとどまる。しかし悪しき者はつるぎの滅ぼした者は、帰らない、ただ悩みのみが来る」。その町が穏やかになる時は、その務をなすレビびとおよび歌うたう者であってまた地をも野をも、真昼にも手探りするであろう』と思っている。もしその女がかけた誓願、または物断ちを守らなければならなかったが、鳥がわなにかかるであろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる