ふるさと納税で日本を元気に!

村主華加さんに送る雅歌

村主華加さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

に言わなければならなかったなら、わたしに供え物をささげさせ、また王の子孫のうえにあって聞き、あなたの叫びはその耳にはいる人々は、イスラエルと和を講じ、これに地の民らがたとい品物または穀物を安息日にエルサレムに語り、これを巡り囲んでいたわり、目の欲に従って、みだらな神と、自分と一緒に大きくなって自分に加わった軍隊をわれわれの先祖が立てた王とをのろった」と人々がいうのを聞いたことが事実となったエコニヤの子らと共に打ち砕かれた者、および四方からあなたに呼ばわるすべての者のところに出したアロンのつえを、あかしの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる