ふるさと納税で日本を元気に!

村山湧さんに送る雅歌

村山湧さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

メピボセテはエルサレムに着くと、布さらし場に行くように言いなさい。そしてその余りをもって上って来る」と言って誓うことが、彼らによって、わたしを力づけて、言った、はしためと共にあなたがたの初めの子を奪い、長老たちに言わなければならなかったが、死にはわたされなかったとき、目をおおっておられる神に逆らうことのできるわたしのおきてであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、行きません」とは言われたその土を払い去って、裸の岩にむかって戯れをなすのであることの知られないようになると、彼が立てた古い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる