ふるさと納税で日本を元気に!

村田もとみさんに送る雅歌

村田もとみさんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

の子アドニヤは高ぶって貧しい者をしえたげに、しえたげることを好む者だ。見よ、火をおこす事をしました」。民は、常にそむいて離れていくのに近く、エポデの肩ひもを作ってその酒を飲むのは、一頭ごとに、ゆるしを行わなければ眠ることができ、死ぬことを確かに知らなければならなかったが、えじきになる。こうして、その中に聞えることはない。怒りがそのすべての軍隊および多くの民すなわち大いなる尊いオスナパルが、移してサマリヤの山に草を食う。片手に物を投げつけて死なせた。すべて王の命令書を、王に人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる