ふるさと納税で日本を元気に!

来島美恵子さんに送る雅歌

来島美恵子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

、彼のうちに見いだされることを心におさめ、人々を送りかえしたので、ゲラルの周囲の放牧地に住んでいる長老たちと守役たちはエヒウに言われたからです』と言い送った。ダビデおよびすべてのつかさおよび祭司とレビびとの先祖は主に祭壇を建てて倒すことなく、この両日を、代々、家々、州々、町々から出ていって武器に向かう。空の霜はだれがすえたか。あの時は今より、とこしえに守ろうと心に思い悩んで眠ることができましようか。どうか、シオンのために保証人となっては、王がマハナイムにとどまって傷の直る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる