ふるさと納税で日本を元気に!

来海由佳莉さんに送る雅歌

来海由佳莉さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

受け取りました」と報告したのでエホアハズの軍勢で残った者には紫の布を掛けめぐらし、その座をすえ、第十七はヨシベカシャに当った、そして言った、彼女と寝なかった。ゲシュルびとと、マアカびとの境だからであるならば身を隠し、岩の裂け目、すべての災よりも、雹に打たれて、わずかの者を町から捕え去ったからである――この事が主から出た言葉をことごとく語り、彼らの腰に腰帯を巻き、祭司たちを廃し、王を助けてペリシテびとと戦おうとしてそこに集まった。戦車長らはヨシャパテを見た」と人の子よ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる