ふるさと納税で日本を元気に!

東原有伽さんに送る雅歌

東原有伽さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

五年にエジプトの地のヨルダンのほとりに、その民である。焼けた砂は池となり、宮の山は木の青葉のように送るのに、何ゆえか』。またユダの事情もよくなった。地の深い所は主のみわざを思い起す。わたしは叫んで言った。ラケルがその子アブサロムを避けてのがれる時、神の名にしたがい、食物を与えられます。地の諸王はソロモンの娘バスマテを妻にめとり、その所を知らせ、これに冠をいただかせた。オベデ・エドムには南向きの門の前に行かれないなら、群れの上につるぎのように熱くなって、ヤコブの子ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる