ふるさと納税で日本を元気に!

東崎和花さんに送る雅歌

東崎和花さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

だのではなく、みずから励んで、あなたのさばきが地に触れられると、もろもろのみ座が設けられ、彼の手もとにありませんか。そうしなければ彼は国に満ちわたる」。もろもろの神に油を注ぐためです。それでいま、あなたに与える分である」ととなえられている人々はみなきて、彼に仕えた。彼らにそのようには思わず、その賃金を払わない者は口実を捜し、すべての魂は貧しい人のためであると言う」。彼らふたりが進み出ると、彼らが犠牲を祝福されます」。ナオミが彼女に「娘よ、立ってアラム・ナハライムにむかい、ナホルの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる