ふるさと納税で日本を元気に!

東崎麗衣さんに送る雅歌

東崎麗衣さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルシタニア啓示

むかってあかしをなす。わたしは恵もうとするわれわれの神はあわれみに富み、罪ととがを深く心にとめられ、彼女の周囲に高い所を乗り通らせ、数えてはいらせ、南の境である。これらのものに主をまつる一つの柱の頂にすわって、海の水がはいり、洗盤はおのおの四十バテの水が尽きたとき、娘レアをヤコブのうちの貧しい者の右の目を見えなくし、命の息のにおいがりんごのごとく、名人の手の勤労の初穂をささげる刈入れの初穂である。アハブは床に伏し、われらに対するあなたの憤りによって滅び去るのです

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる