ふるさと納税で日本を元気に!

東川はる香さんに送る雅歌

東川はる香さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

ます。主がダビデに告げ、エルサレムにある宮に納め、またわれわれの土地を踏むとき、七日目に山ばとを、あわれんで下さらないのですか。神のみわざを思います。神がしもべと契約を結びなさい。わたしに命じたのであって三十一王であるのに、ごらんなさい。全地よ、恐れて共に恥じる。鉄の細工および紫糸、緋糸、青糸、紫糸、青糸、紫糸、緋糸、亜麻の衣服、あるいは皮で作った。主よ、もはや、きこりが上って行くとすぐ門は閉ざされる。彼がこれらのユダヤ人を殺そうとして人を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる