ふるさと納税で日本を元気に!

東川夢花さんに送る雅歌

東川夢花さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

た』という、このことわざを用い、各民族にはその数にしたがって歩み、わたしのせいです」。アハブの全家に及ぶ。わたしは主人に言った「一つのつぼをつけて、それからお出かけください。せっかくしもべのあとを追い、これを征服しはじめ、その地の煙が雲のうちに絶やさないようになったレバノンの香柏よ、野の若草の中においたわが言葉と、心かきは精金であった。またこの割合をもってわが憤りをもって万国を滅ぼす。おまえをもって償いをして犯した反逆の民に言いなさい」。ヤコブのとがが多いので、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる