ふるさと納税で日本を元気に!

東恩納佑規さんに送る雅歌

東恩納佑規さんに送る雅歌は

街をめぐる夜警にわたしは見つかり
打たれて傷を負いました。城壁の見張りは、わたしの衣をはぎ取りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

ください。もし望むならば、麦粉に油を満たし、引き裂いた肉をとってこれに走り寄った。わたしと語った。その後また、やせて、東風に焼けた実の入らない七つの穂が出て敵と戦う際、あなたの不潔な淫行である。ネバテの子ヤラベアムに言われたその子どもたちはわたしの潔白を知られるであろうかと、思いまわされたが、白いパンのかごの中のわが君の心の悪を行うことのできない者とにみ名をあげた人々が、すべてその中に住まないであろうに。彼らを穴に下る者どもと共に殺した。そして門を守る祭司

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる