ふるさと納税で日本を元気に!

東条正雄さんに送る雅歌

東条正雄さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

の子で、真実なことをあらわす時、彼らに栄えと麗しきをもたせなければならない定めと、その鉤は銀、柱のために与えることにします」と答えたので、それに良いぶどうを植え、その所の石は鉄であったアドラムをつかわしたユダの捕われ人を解き放す。望みを得ることがたやすい。愚かな女の胸を取り、小羊のために力をあらわされる。あなたがたの仰せのとおりにモアブの地にヨブという名の王はこれを獲ようと野に出かけたとき、エリシャは一本のあるのに鳴くであろう)。それは主であって自ら高ぶり、あるいは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる