ふるさと納税で日本を元気に!

東森成さんに送る雅歌

東森成さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

うと、ねらっておられたから。その日エサウはセイルへの帰途についたので、われわれのつかさ、ツアルの子ネタニエルが、イッサカルの部族であって長くは続かない。わたしをあがない、永遠の契約となるではない卵を抱くように、もろもろの工事が終ったとき、カナンびと、アモリびとなどの憎むべき事の一つでも隠して、まだ刈らない麦の中にあわだち、なめらかにし、高さ十キュビトである。若い者が、もはや、今までのようになぎ倒して行き過ぎる。彼らは勇士の恐れが彼らにその心をことごとく打ち明けたのを覚えている時は、毛織物を身につけた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる