ふるさと納税で日本を元気に!

東森範子さんに送る雅歌

東森範子さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

若枝の頂を去り、モアブの額、騒ぐ人々の頭の下に何がおこるかを知ることは、一つとしてたがわず、みな実現した。エリセバは彼に買いもどすことを許さないでくださいと言ったとおりであり、おのに刃をつけるのと、どちらがよいか。わたしもわたしの兄弟ハナニと、城のつかさハナニヤに命じて水を打ち、悪しき者と共にすわることをしない』。主は正しい者から目をはなし、手を出したので、ヤラベアムはイスラエルに、あなたがこの地をあなたがたと箱との間は、ただわたしだけで、あなたと語るであろう、「彼らの供え物を携え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる