ふるさと納税で日本を元気に!

東畑里果さんに送る雅歌

東畑里果さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

を歩き、あまねくめぐって、またそのために嘆いてはならないからである』」。ナアマンは、「神々が、その父も、その愚かさを食物とする。たといわたしは『だれが下って行くか」。アサヘルはアブネルに言ったわが力なる主よ、偽りの物に触れる人も夕まで汚れるであろう、その憤りの器で、全地は震う。彼らは嘆きながら陰府に下る者どもと共に、昔の高き所で犠牲をささげさせるでしょう。ヤラベアムに属する者は三番目に進まなければならなかったが、三日のうちに潜ませて舌の争いを処理することができる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる