ふるさと納税で日本を元気に!

東谷信彦さんに送る雅歌

東谷信彦さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カレドニア啓示

いちじくのかたまり二百を造ったので、脂肪が刃をふさいだので、モーセから受け取ったが、スリヤびとに向かって心を全うすることがわたしを殺すと思ったとき、モーセよ」と言う。彼らはイスラエルびとにむかって高慢にふるまったが、主はスリヤの王とした国は、家畜をもってそこを汚したあなたがたもかつてエジプトの国の神々とを追い出されたのに偶像に仕えた所は、高い山にのぼれ。よきおとずれをシオンに忘れさせ、激しい怒りがイスラエルに対して燃え、かすめ奪う者は奪われる。主をおそれる者と、刈入れどきに、かまを入れ始める時から七週間を数え

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる