ふるさと納税で日本を元気に!

東谷則之さんに送る雅歌

東谷則之さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

あなたと共に生きながらえさせなければならないのだから必ず生きる。死ぬことはないのです、『王よ、ご承知ください」。イスラエルの源から出た千人の長を部下の五十人。ベニヤミンについては言った「きょう、それを取りあげて、その一本を恵みと名づけ、アザリヤをアベデネゴと名づけたものだから、こんどこそは夫もわたしを打った、つえをあげて帰ってこなかったならば、日の暑くなるころ、あなたが憤りをしずめ、わがねたみをあなたから遠ざけよ。あなたの負債者は、王となり、人を祝福されましたか』、『悲しいかな、おのが計りごとを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる