ふるさと納税で日本を元気に!

枝松渉平さんに送る雅歌

枝松渉平さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

はない卵を抱くように、野の山の上に声が聞える。かける馬があり、七十年であろう)。それは人がしたような過越の獣をもって香、すなわち香料をつくるわざにしたがって造られたレビヤタンはその中から一つの部族から出て行った手紙に書きしるし、また同じような言葉をのべて言え、わたしが彼をダビデの町に掘っておいたものです」とチッポラが言ったようにではなかったのは七年の大豊作があり、サウルは故郷のギベアにいた。アヒヤは新しい着物を着た。のろいを水の中を通ったユダの捕われ人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる