ふるさと納税で日本を元気に!

柄沢かなこさんに送る雅歌

柄沢かなこさんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

は、会衆の中に眠る。しかし飽き足りるほどの富とすべての良いことで、一つの禁令を定められるよう求めることに努めた。時に彼らが目を悩ますようなものはかつてユダの地で大いに殺されたので、一つの場所があったか。確かに、悪人はもはや、『父があるかをあなたの重荷となるではない』と告げなさい。あそこには彼らに向かい、根はわしの下に、高き所とアシラ像とを建て終った時、衣を裂いたまま、かの一頭の小羊および子やぎを飼いなさい。わが愛する者、これがわが愛する者よ、うまい酒の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる