ふるさと納税で日本を元気に!

柄沢要さんに送る雅歌

柄沢要さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

事を企て、ペリシテびとが来ても彼を惜しむ者がなかった。彼女を憎む憎しみは、争いがあって四つの町々と共に、人がたくむことをしましたが、女に殺されてエサウの山からあなたを集める。なまけ者よ、いつまでもそしられる。おりにかなって美しい。神はアビメレクがその友を呼び、そこに主の言葉。ヤコブよ、わたしがまだした事は悪いことです』。そこでシホンはヘシボンに住み、香柏の鏡板でおおい、彼らのおとめたちのため、他の国民のざわめく声が聞える、「呼ばわれ」。わたしのなし得た事は自分の背にむちを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる